読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「はじめての2人暮らし」までの30日間

内見もせぬまま契約!引っ越しまであと1ヶ月で無事引っ越しできるのか?その軌跡です

16日目 ぬいぐるみ族の処分について

明日はゴミの日。できるだけものを捨てたい。あまりモノには未練を感じない方だが、ぬいぐるみ族(マスコット付ストラップなども含む)には悩まされる。えいっとひと思いに燃えるごみ化させるのもいいのだが、忍びない。つぶらな瞳が辛い。

 

どこかでぬいぐるみを供養してくれないかと思っている中で、こんなページを発見。

 

★不用品・物資を全国集荷し途上国支援に徹底再利用。資源再利用によりNGOなどの社会支援活動への寄付募金として役立てます

 

ぬいぐるみに限らず、いろいろなものを引き取ってくれるらしい。しかも、リサイクルしたり役立てたりしてくれるのだとか。発送料や手数料はこちら持ちで、安くはないのだけど、単純に捨てられる訳ではないなら、いいなあと思う。

しかし、みんなの不用品が集まっている訳で、本当にそれを喜んで受け取ってくれる人がいるのだろうかという疑いの気持ちも湧いてくる。

 

何に使うんだかさっぱりわからない電気コード類も、処分しなきゃなあ。これは区役所に持っていくと、小型電化製品類回収ボックスがあるので、そちらに放り込むつもり。

 

引っ越し準備もそこそこに、今日は中野の餃子フェスに出向いた。どこもかしこも大行列で、餃子1種類のために90分待ちとは笑えてくる。前売りチケットの返金もできないとのことでしぶしぶ並んだが、うしろに並んでいた人たちは近くのコンビニで買ったどら焼きを頬張っていた。餃子を楽しみにして来たんだろうに、他のもので腹を膨らませなければならない状況に悲しくなった。主催者が本当に「たくさんの人においしい餃子を食べさせたい」と思っているならばこんなことにはなるまいて。しかもたった1日の開催ではなく、数日間の期間中の最終日だったのだから。材料がなくなったので販売中止、という店舗が多かったせいもあるだろうが、うーん、消化不良気味。

 

いやいや、人のふり見て我がふり直せですね、精進します。